地デジアンテナ選択

地デジアンテナを自分で設置する場合、正しい地デジアンテナの選び方は大切ですが、まず設置する場所の電界強度をきちんと知っておくことが必要です。電界強度は電波の強さを表わすものです。専門的なことは難しく説明することができませんが、簡単に言うと地デジアンテナの設置場所と電波塔や発信地の間の電波の状態というふうに考えるといいようです。これはネットなどで住所を入力すれば自宅の電波状態も知ることができます。

また近くの地デジアンテナを設置している家のアンテナを見て歩き、ブースターが付いていないなら、まず弱電界地域ではないと判断できます。また近くの電器屋さん、家電量販店で聞くということも一つの方法です。多くの工事を行っているので地域の状態は把握しているでしょう。

そして電界強度が分かれば、それにあったアンテナを選ぶようにしなければなりません。まず家庭用として一番ポピュラーな、八木さんという人によって発明された八木アンテナがあります。これは屋外、屋内用があります。また最近はとてもスリムで性能の高い室内用の平面アンテナもありますが、弱電界地域ではやはり難しく八木アンテナの性能には叶わないようです。

そしてもう一つ室内用の小型アンテナもあります。数千円で購入でき工事がいらず部屋に置くだけです。しかし地デジを確実に見られるとは言い切れません。相当電波の強いところなら電波を拾ってくれる可能性があります。