地デジアンテナ設置

地デジアンテナをプロに頼む人や自分でやる人などそれぞれですが、日曜大工が好きな人や屋根に登ることぐらいできるという人でなければ、なかなか自分でやるのはおすすめしないと言われています。素人による設置は強風や台風に弱かったり、電波調整がなかなかできない、事故が起こりやすいなどということもあるようです。

では設置費用はどのぐらいかかるのかということになります。ネットなどで展開している設置業者の多くは1万円以下をバーンと打ちだしています。そのためその程度が相場なのかと思っている人も多いようです。しかしネットでの業者は見た目で勝負というところがあるので、とにかく少ない驚きの数字を打ち出します。しかし、結局すべて合計していくとどこも同じぐらいとなります。

もちろん詐欺のようなところでは、相場の数倍ということもあります。そんな業者に引っ掛からないためにも、信頼のある業者にお願いしましょう。例えば量販店などで地デジアンテナを購入するところから相談にのってもらい、業者もお願いすることもできます。

では大体設置費用のご紹介として、一般的には約5万円~10万円と考えておきましょう。当然設置場所の電波の状態などによって、ブースターが必要な場合もあり、アンテナの種類も状態によって違ってきます。それによって合計の費用は差が出てしまいます。しかし大体ブースターを使っても大体6万円前後と言われています。

関連リンク
テレビアンテナ工事、地デジ・BSアンテナ設置は棟梁ドットコム

地デジアンテナ選択

地デジアンテナを自分で設置する場合、正しい地デジアンテナの選び方は大切ですが、まず設置する場所の電界強度をきちんと知っておくことが必要です。電界強度は電波の強さを表わすものです。専門的なことは難しく説明することができませんが、簡単に言うと地デジアンテナの設置場所と電波塔や発信地の間の電波の状態というふうに考えるといいようです。これはネットなどで住所を入力すれば自宅の電波状態も知ることができます。

また近くの地デジアンテナを設置している家のアンテナを見て歩き、ブースターが付いていないなら、まず弱電界地域ではないと判断できます。また近くの電器屋さん、家電量販店で聞くということも一つの方法です。多くの工事を行っているので地域の状態は把握しているでしょう。

そして電界強度が分かれば、それにあったアンテナを選ぶようにしなければなりません。まず家庭用として一番ポピュラーな、八木さんという人によって発明された八木アンテナがあります。これは屋外、屋内用があります。また最近はとてもスリムで性能の高い室内用の平面アンテナもありますが、弱電界地域ではやはり難しく八木アンテナの性能には叶わないようです。

そしてもう一つ室内用の小型アンテナもあります。数千円で購入でき工事がいらず部屋に置くだけです。しかし地デジを確実に見られるとは言い切れません。相当電波の強いところなら電波を拾ってくれる可能性があります。

地デジアンテナの電波

地デジアンテナの電波が弱いときもあります。電波塔や発信に地デジアンテナを向けて、もうまく電波が受けられない。そんなときには電波塔との向きが悪いのではないかということをチェックし、それでも調整がしにくいときには発信所からの距離が遠すぎるということも考えられます。それによって電波が弱くなってしまっている可能性があります。

その場合は受信ブースターを設置して電波を増強するという方法があります。また受信ブースターには室内用と屋外用があり、電波の受信の状態によっても使い分けましょう。室内用ブースターの場合は電波の補強度がとても弱くなるので、そういう意味では屋外用ブースターの方がおすすめです。しかし屋外に電源を確保する必要があり、また新しい工事も行うようになる場合もあります。ブースターや工事など出費が重なることも考えなければなりません。

また遮断する物体があると電波は弱くなります。直線距離としては発信所との距離は遠くなくても、遮断物があれば受信できないことまで起こると言われているのです。その場合は一つの発信所だけでなく、回りの発信所からの受信を考えた方が良い場合もあります。またどうしても自分で難しいと思った場合は、プロの手に委ねることもできます。地デジアンテナの方向調整だけなら5000円~1万円程度でやってくれるところもあります。

地デジアンテナと電波調整

地デジアンテナを自分で設置する人も結構いるようです。特に男性には多いかも知れません。しかし設置をしてもなんだか見えにくいことも以外と起こるため、電波の調整がとても重要となってくるのです。まずアンテナを電波塔の発信方向に向けることが基本となります。自宅から一番近い電波塔にきちんとアンテナを向けているかが重要です。当然電波塔は全国どこからでも電波が取れるように各所に設置されています。

電波の送信所として電波塔の他にも中継局もあるので、山間部であっても電波を受けることができるように準備されています。特に山間部は山頂に立っているという場合も多いようです。しかし当然見渡して分かるところにばかりはありません。そこでインターネットでテレビ設置の場所に近い発信所をチェックすることができます。また地デジ、CS、BSはどれも違った発信塔があるので間違えないようにしなければなりません。

またアプリでも地デジ電波の向きを調べるアプリがあります。Androidなら「地デジアンテナ調整」というアプリがおすすめです。現在の住所の入力によって、近い電波塔を現住所と結んだ図で教えてくれます。向きもはっきり分かるので簡単に調整ができるというものです。

また首都圏の場合は「簡単地デジアンテナ方向確認、首都圏版」というサイトで、住所の入力によって自宅と近くの電波塔を結んだ線で分かりやすく教えてくれます。このようにいろいろな便利なものを利用し、しっかり電波塔に向って地デジアンテナを向けるように調整しましょう。

地デジアンテナは電波の調整が重要?詳しく解説します